本文へスキップ
大好評「ランドセルリメイク」オススメです

革工房K (手縫い革製品)のホームページへようこそ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0280-32-3089

〒306-0234 茨城県古河市上辺見2033-5


logo201611

コンセプトconcept

作ることへのこだわり

店内イメージ

当工房ではひと針ひと針心を込めて、
全て手縫いで仕上げております。
革製品と言う「モノ」を作る事を、生業としておりますが、小さな工房だからこそ出来る事がございます。「ひとつずつ作る」事です。単なるモノとしてではなく、使う方に愛着がわいていただけるような品物、贈った方が笑顔になるような品物、になるように日々製作に没頭しております。
永くお使いいただける革製品だから、こだわりや満足感を最大限に楽しんで頂けるように。コレが当工房(私)の作り手としてのこだわりです。


作り手紹介

○「初めは楽しい楽しい趣味でした」

ご趣味でレザークラフトをされる方も多くいらっしゃると思います。店舗にも「趣味でやるんです」と言う方が多くご来店いただきます。私も初めは楽しい楽しい趣味でした。もう十数年前にはなりますが、ミヨウミマネで小銭入れをはじめて作った喜びを今でも鮮明に覚えております。一通り自分の欲しかったものを作り、友達に頼まれて材料費のみで作ってあげたり、近所のおじさんのベルト、親戚のおばさんのポーチなどなど、ただただ楽しくてつとめていた仕事の合間にひたすらに作っていた頃が懐かしいです。
どこかに「弟子入り」と言う事はなかったので、未だに独自のやり方をしている個所もあったりしますが、それでもお世話になった革の道具屋さん、フリマで知り合った本業の革屋さん(インチキな風貌)など、様々なご縁と後押しに恵まれて、気がついたら今日に至っております。
つとめていた会社を辞めて「革屋さんになろう」と思った時や、それまでなかった「店舗を構える」決心をした時、それぞれの場面で色んな選択をしてきた結果で、相変わらず今日も明日も明後日も、革細工を続けております。

作業風景

2016末に体験教室に参加されたお客様に撮影していただいた1枚です☆
素敵なカメラで撮影していただいた事、撮影した方のセンス、ほぼ顔が見えていない分、イケメンやら、渋いやら、何とでも表現が出来ますので、本人(わたし)とっても気に入っております(笑)。
チョットだけ自分データをご紹介しておきますと、30代後半。身長は181cm、体重74キロ、ちょっとお腹周りが気になるお年頃。歳の割には白髪が多めなので、今後の髪形、髪の色を少々悩み中・・・。
どうでもいいですね(^−^)


○「これからの事」

「趣味」と「仕事」との一番の違いは責任感にあると思います。お客様からお代金をいただく行為への責任感や、お店である以上、利益を出すことへの責任感。そして常に「イイモノ」を作らなければいけない責任感。
これまでのやり方を崩してはいけないし、それでいて変わり続けなくてもいけないと言った、楽しい趣味の頃には感じなかった漠然としたテーマの答えを、これまで通りこれからも探しながら作り続けていくのだと思います。
とは言って、自分が楽しくなくなっては、楽しい品物、楽しいお店は出来ないと思いますので、良い意味で何も変わらないで「これから」もお客さまに喜んでもらいながら、素敵なお店になりたいと願っております。素敵なおじさまを経て渋い素敵なおじいさんになれたらイイナと思います。
ちなみに、今現在は若者とオジサンの狭間の世代を懸命に生きていますよ!

tennnai

○「革製品の修理ブログ」

タイトルの通り内容は「修理」を主としたブログではありますが、サブタイトルは「そのほかの事も気まぐれに」となっております。なにせ「気まぐれに」ですから、もちろん不定期の更新となっておりますが、革についてのコラムや、趣味の自転車、大好物の盆栽や植物など、作り手(私)の事も綴っておりますので、ご興味のある方(?)は、そちらの「革製品の修理ブログ」も是非とものぞいてみて下さいませ。
http://kawakoubouk.blogspot.jp/

○「革工房Kのホームページにカートマークがない理由」

佐川急便の代引き便を使って、全国各地よりご注文をいただいたり、出荷したりと通販業務も展開しております。このご時世にショッピングカートがついていないショップHPを探す方が難しい様な気さえ致します。それなのに今回大幅なリニューアルにも関わらず、ショッピングカートの設置は見送る事と致しました。
理由はとても明快です。「お客様と会話」をしたいからです。言い方を変えると「ウチみたいな小さな工房に出来る事は多くのご要望に、出来るだけ応える事だけ。そのためには色々と聞いてみなくちゃわかんないモン」となります。
もしかするとお客様にご面倒をかけてしまっている可能性も否定できませんが、チョット面倒に思われたとしても、その分「お気に入りのモノを作って見せる!」と密かに思ったりしています。(みんなには内緒ね)
便利なカート機能。また今回も見送りました。スミマセン。

tennnai